Kid Shoes Shop

キッズシューズを選ぶときのポイント【足にあった靴を購入】

赤ちゃんの足の成長に

良い靴の見分け方

ベビーシューズ

赤ちゃんの足の成長はとても早いものです。
生まれた時は10cmもなかった足が、1歳頃には12cm前後にまで成長します。
赤ちゃんは成長とともにたっちをして、伝い歩き、そして完全に手放しで歩くようになります。
その時期になりますとキッズシューズ(ベビーシューズとも言います)を購入する親御さんが多いようです。
キッズシューズには室内用と外履き用があります。
室内用は主に室内で履かせるもので、靴に慣れさせるのが目的です。
ソールが布で出来ていますのでやわらかく、赤ちゃんにも違和感が少ないことが特徴です。
外履き用のキッズシューズにはゴムなどでできたソールがあり、大人の靴と構造はほぼ同じです。
ただし脱ぎ履きさせやすいようにマジックテープのベルクロ式になっているものが大半を占めます。
あんよがまだおぼつかない頃のキッズシューズはソールが柔らかく曲がりやすいものが多く、あんよが上手になりかけっこもできる2歳ぐらいからの製品はしっかりしたソールが付いているものが多いようです。
また、意外に重要なのがデザインです。
あんよができるようになった1歳前後はぐずったり靴を嫌がる子も多いものです。
そんな時にお気に入りのキャラクターやモチーフが付いていますと、ご機嫌で履いてくれることも多いのです。
またそれとは逆に、好みがはっきりしない時期だからこそ親の趣味を反映させたデザインの靴を履かせる、ということもできます。
親子でおそろいのデザインの靴を履いてみるのも楽しいでしょう。

2歳前後がおすすめ

乳児

子供の足のサイズはめまぐるしく変化します。
たとえば生まれたばかりの赤ちゃんの足のサイズは平均すると8cmから10cm程度ですが、6ヶ月を迎えるころには11cmから13cm程度にまで大きくなります。
さらに3歳を迎えるころには15cm程度まで大きくなるので、赤ちゃんの靴選びには多くのママが頭を悩ませています。
なかでも難しいのがベビーシューズからキッズシューズに替えるタイミングです。
2歳児の足はまだ小さいので大きめのベビーシューズでも対応できるように思えますが、2歳にもなると自分で歩けるようになるので運動量も大幅に増えてきます。
そのため2歳を迎える誕生日にはキッズシューズを用意してあげましょう。
初めてのキッズシューズはできるだけ柔らかいものを選んであげます。
なぜならベビーシューズは保温や脚の保護が主な目的であるため、柔らかな素材で作られていますがキッズシューズは運動することを前提に堅く作られているからです。
そのためキッズシューズはベビーシューズに比べて違和感が強くなります。
そこでまずは柔らかめのシューズを選んで少しずつ靴に慣れるようにするのです。
初めてのキッズシューズは5mmほど足より大きめのサイズを選びましょう。
少し大きめのサイズを選ぶことで違和感が少なくなるほか、足のサイズ変化にも柔軟に対応することができるようになります。
初めて購入するキッズシューズはシューズトレーニングのためにも、以上のような点を参考にして選ぶようにしましょう。

重要なのは子供の足

靴

赤ちゃんが生まれると、その子供の成長の速さには常々感心させられる。
1歳にもなろうかという頃には、もうよちよちと歩き始め、いよいよ子供たちは外へ出るようになってくるのだ。
そこで必要になってくるのがベビーシューズ・キッズシューズである。
「子供の成長は早いから、少し大きめの靴を買おう」と思ってはいけない。
これからずっと靴を履いて歩く生活が待っているのだ。
最初の靴から子供に合った靴を選ぶことが重要だ。
赤ちゃんの歩き方を「よちよち」とよく表現される通り、そもそも赤ちゃんと大人では歩き方が全く異なっている。
体のつくりが全く違うというところからきているのだが、そのために赤ちゃんの歩き方は非常に不安定である。
家の中ならともかく、外出しているとよく転んだりふらふら歩いたりすることは非常に危険である。
道路に落ちているものでけがをするというだけでなく、転び方や転ぶ方向によっては自動車などと接触するなど交通事故の可能性だってあるからだ。
そこで、子供の「歩き」をサポートするためには「キッズシューズ」が非常に重要となってくるのである。
よいキッズシューズを選ぶには、しっかりと子供の足のサイズをショップなどで測ってもらい、子供の足の形を正確に把握することから始まる。
そして、子供の足にぴったりフィットするキッズシューズを履かせてあげることが大事である。
キッズシューズを履いて子供たちが出かけると、走り回ったりして元気よく遊ぶことができるだろう。
運動機能も向上し、体力もついてくる。
「子供たちの元気は足元から」と言っても過言ではないのだ。

安全に楽しく歩くために

ベビーシューズ

キッズシューズのソール部分は、硬く平らになっています。そのため足底が柔らかい子供でも、履けばしっかりと地面に立つことが可能となります。またつま先が上向きになっているので、躓いて転ぶリスクも少ないと言えます。さらに歩行へのモチベーションを高めるために、笛やLEDライトが入っていることもあります。

もっと読む

元気な子供の足を守る

親子

子供のキッズシューズは買い替えのタイミングが分かりにくいという人も多いものです。目安としては3ヵ月に一度、つま先がきつくなっていないか確認するとよいでしょう。また、夏休みなどの休み明けにもサイズが変わっていることが多いので、早めに確認すると安心です。

もっと読む

赤ちゃんの足の成長に

ベビーシューズ

赤ちゃんが履くキッズシューズには成長に応じたさまざまなタイプのものがあります。歩き始めはそこが薄めで柔らかいものを、走れるようになったら底がしっかりしているものがおすすめです。また、親子でおそろいにしたり、お子さんの好きなキャラクターが書いてある靴などもおすすめです。

もっと読む