Kid Shoes Shop

キッズシューズを選ぶときのポイント【足にあった靴を購入】

元気な子供の足を守る

足に合わせてタイプを選ぶ

親子

子供用のキッズシューズはデザインも豊富でとてもかわいいですね。
しかし、どのように選べばよいのか、またサイズアップの目安が分かりにくいという人も多いのではないでしょうか。
一応サイズアップやキッズシューズの買い替えのタイミングというものは存在しています。
子供の成長は目覚ましく、個人差はありますが一年でおよそ10cmほど身長が伸びるものです。
そういった成長は、身長・体重だけではなく、足にも見られます。
こちらも個人差はありますが、一年で1〜2cmのサイズアップをすると言われています。
一年で1cmサイズアップする子であれば3ヵ月で0.25cm、一年で2cmアップする子であれば0.5cmずつサイズが大きくなる計算です。
そのため、3ヵ月に一度ぐらいのペースでつま先が窮屈になっていないか、歩き方がおかしくなっていないかをチェックするとよいでしょう。
また、窮屈なキッズシューズを履いていますと、足の親指が変形してくるケースもあります。
そのまま履き続けますと外反母趾などの症状が出てくることも考えられますので、早めにサイズアップしたキッズシューズを用意してあげましょう。
ちなみに、夏休みなどの長期休暇中は、身長や脚のサイズがアップしやすい時期でもあります。
新学期が来てから上履きや外履きがきつい、と子供に言われて気が付くなんてこともあります。
慌てて買いに走ることが無いように、休暇が終わるころにサイズチェックをしておくと安心ですね。

選び方の参考

ベビーシューズ

お子様の健全な発育に影響を与えるキッズシューズは、どのような基準で選べば良いのでしょうか。
出産祝いとしてファーストシューズをプレゼントしたいという方にも悩めるポイントだと思います。
歩き始めの1歳から2歳頃に履けるキッズシューズを選ぶ場合は、サイズは大体12〜14cmのものが目安となります。
年齢に余裕を持ったキッズシューズを選ぶ場合ですが、2歳以降は1年で1cm成長する目安で選びましょう。
つま先部分は少し余裕があるものが良く、指先を自由に動かせることが重要です。
約5mmの余裕があれば指の運動がしっかりでき、土踏まずの発育に繋がります。
かかと部分は安定していて、指先に負担がかからないよう弾力があり固定されるものが望ましいです。
キッズシューズの素材は適度な硬さで、かかとの骨が正常に成型されるよう衝撃を吸収できるものを選びましょう。
形状は足の形にフィットしやすいマジックテープのものですと甲の高さに合わせやすくなります。
つま先が反った形のものはつまづきを防止してくれます。
運動量の多いお子様の足は汗で蒸れてしまうと雑菌が繁殖してしまうので、通気性の良い素材のものを選びましょう。
同じサイズでもメーカーによって形は様々です。
足長・足幅・足囲をちゃんと計測してピッタリと合うものですと、お子様にとって履きやすく脱げにくい靴となります。
試し履きの際も片方の足だけで済ませがちですが、両足で履いてみて違和感が無いか確認することも大事です。

一緒に買いに行こう

赤ちゃん

赤ちゃんへのプレゼントというと、おむつケーキや肌着、お食い初め用の食器セットなどが主流です。
しかし、誰もがその気持で出産祝いを贈ってしまうと、ダブってしまうことがあります。
できれば、相手の欲しい物をプレゼントしましょう。
その中で、キッズシューズを選択する人も多くなってきています。
生まれてすぐに必要な物は自分たちや身近な親族たちで揃えていることも多いので、少し先に必要になる物が欲しくなる人も居るからです。
赤ちゃんが歩き始める時のことを考えて、早めにキッズシューズをプレゼントしてみましょう。
ただし、デザインがいろいろあるので、本人と一緒に買いに行くことをお勧めします。
実際に赤ちゃんも連れて行って試し履きしてみるのもいいかもしれません。
もちろん、歩き始める前から赤ちゃんにキッズシューズを履かせることもあります。
最近はベビーカーや抱っこ紐を使って赤ちゃんを外へ連れ出す親御さんが多いからです。
歩けなくても靴を履かせたいという親御さんは居るものです。
また、赤ちゃん用ではなく、もう少し大きくなってからのキッズシューズをプレゼントするのもお勧めです。
子どもの成長は早く、どんどん靴のサイズも大きくなってきます。
せっかく買っても数回しか履かずに大きくなってしまうこともあるものです。
このような理由から、キッズシューズはいくつあっても重宝することがあります。
当人が履かなくても今度は下の子が履くかもしれないので、プレゼントすると喜ばれるはずです。

安全に楽しく歩くために

ベビーシューズ

キッズシューズのソール部分は、硬く平らになっています。そのため足底が柔らかい子供でも、履けばしっかりと地面に立つことが可能となります。またつま先が上向きになっているので、躓いて転ぶリスクも少ないと言えます。さらに歩行へのモチベーションを高めるために、笛やLEDライトが入っていることもあります。

もっと読む

元気な子供の足を守る

親子

子供のキッズシューズは買い替えのタイミングが分かりにくいという人も多いものです。目安としては3ヵ月に一度、つま先がきつくなっていないか確認するとよいでしょう。また、夏休みなどの休み明けにもサイズが変わっていることが多いので、早めに確認すると安心です。

もっと読む

赤ちゃんの足の成長に

ベビーシューズ

赤ちゃんが履くキッズシューズには成長に応じたさまざまなタイプのものがあります。歩き始めはそこが薄めで柔らかいものを、走れるようになったら底がしっかりしているものがおすすめです。また、親子でおそろいにしたり、お子さんの好きなキャラクターが書いてある靴などもおすすめです。

もっと読む