Kid Shoes Shop

キッズシューズを選ぶときのポイント【足にあった靴を購入】

幼い子供にとって良い靴

買い与えるタイミング

ベビーシューズ

キッズシューズの売り場には、可愛らしい靴が並んでいます。
キッズシューズの売り場に並ぶ赤ちゃんや子供の靴は結構高額です。
中には大人の靴よりも高い値段が付いている物があります。
しかし、それは、キッズシューズとして安全性を高めたり、クッション材を充実させているという理由があるからです。
キッズシューズのサイズは、ぴったりよりもつま先に5ミリから10ミリ程度、余裕があるものを選ぶとよいでしょう。
すぐに履けなくなるからといって大きめのサイズを選ぶと、脱げやすくなったり、子供の歩き方に影響が出たりする可能性があります。
また、最初から入っている中敷に追加して、さらに中敷を入れると靴が脱げやすくなってしまいます。
中敷を入れる場合は、すでに入っている中敷を取り除いてから入れましょう。
なお、キッズシューズの買い替えのタイミングは、中敷についている指の跡から確認できます。
キッズシューズを洗うときに、中敷を取り出して確認してみましょう。
指の跡がつま先ギリギリまできている場合は、サイズが合わなくなってきている証拠です。
今より大きいサイズのキッズシューズに買い替えましょう。
子供の靴選びは、買い替えのタイミングを考えて、子供の足に合う物を購入することが大切です。
以上の知識を公開しているサイトでは、妊娠中のママさん達を含めて、多くの母親から支持をされています。
子供にとっての安全は、靴がいかに大事かということが伝わってきます。

子供にとって歩きやすい靴

ベビーシューズ

赤ちゃんが自分の足で歩けるようになるまで成長すると、必要になってくるのがキッズシューズです。
子供が生まれて初めて履くキッズシューズは、子供にとって最適なものを選ぶ必要があります。
キッズシューズを選ぶときに特に大切になるのは、子供にとって歩きやすいものを履かせることです。
歩けるようになったばかりの赤ちゃんは、まだ歩くために必要な筋肉なども十分に発達していないことから、できるだけ子供の足に負担をかけないような靴を選ぶ必要があります。
初めてのキッズシューズを選ぶ際に、特に考慮しなければいけないのは靴のサイズです。
サイズが小さすぎると、歩くときに重心がかかる場所が片寄るので不安定になりやすく、立っているときの姿勢にも影響を及ぼします。
そのため、購入する前に子供に試着させてみて、歩きやすいかどうかを確認するのが最善の方法です。
靴のサイズは縦の長さだけでなく、横の長さを確認することも重要です。
縦の長さがあっていても横幅が短いと、足の痛みなどの原因にもなります。
また靴を選ぶ際はつま先がしっかりと動かせるがどうか確認する必要もあります。
つま先に若干の余裕があって、靴を履いた状態でもある程度動かせるものの方が、子供の足に負担をかけにくくなります。
また履きやすさもキッズシューズを選ぶ際の重要なポイントです。
歩き始めたばかりの子供は自分で紐を結んだりすることは困難なので、マジックテープ式の靴ならば、自分で靴を履かせることも容易です。

ソールやインソールの特徴

ベビーシューズ

大人用のシューズに様々な種類があるように、キッズシューズも種類が豊富となっています。
具体的にはキッズシューズには、サンダルやスニーカーを始め、レインシューズやフォーマルシューズなどがあるのです。
サンダルとはソールをベルトなどで足の甲に固定するシューズで、指先など露出する部分が多いことから、主に夏に履かれています。
逆にスニーカーは、足全体をしっかりと包む構造となっているので、スポーツなどによる衝撃から足を保護するために利用されています。
またレインシューズは、文字通り雨の日に履くシューズで、水を弾くゴムなどで作られています。
しかも足首やふくらはぎまですっぽりと覆われるため、履くことで靴下やズボンの裾も雨水から守られることになります。
そしてフォーマルシューズは、入園式や入学式などのフォーマルな場面で履くシューズです。
シックな黒色となっていることが多く、高級感を出すために牛革で作られていたり、エナメル加工が施されていたりすることもあります。
このように種類が多いのですが、いずれのキッズシューズも、子供が歩きやすいようにとソールは扁平にしてあります。
大人用のシューズのようにヒールがついていないので、よちよち歩きの子供でも、歩行時のバランスを比較的容易に保つことができるのです。
逆にインソールは、足の発達を阻害しないように、柔らかな状態になっていることがほとんどです。
また弾力があるので、飛んだり跳ねたりといった元気な動きによる衝撃も緩和されます。
このようにキッズシューズは、子供の足を守ることを重視して作られているのです。

安全に楽しく歩くために

ベビーシューズ

キッズシューズのソール部分は、硬く平らになっています。そのため足底が柔らかい子供でも、履けばしっかりと地面に立つことが可能となります。またつま先が上向きになっているので、躓いて転ぶリスクも少ないと言えます。さらに歩行へのモチベーションを高めるために、笛やLEDライトが入っていることもあります。

もっと読む

元気な子供の足を守る

親子

子供のキッズシューズは買い替えのタイミングが分かりにくいという人も多いものです。目安としては3ヵ月に一度、つま先がきつくなっていないか確認するとよいでしょう。また、夏休みなどの休み明けにもサイズが変わっていることが多いので、早めに確認すると安心です。

もっと読む

赤ちゃんの足の成長に

ベビーシューズ

赤ちゃんが履くキッズシューズには成長に応じたさまざまなタイプのものがあります。歩き始めはそこが薄めで柔らかいものを、走れるようになったら底がしっかりしているものがおすすめです。また、親子でおそろいにしたり、お子さんの好きなキャラクターが書いてある靴などもおすすめです。

もっと読む